聖堂の中には、司教たちが生活している


エチミアジンはアルメニアで
3番目に大きい都市という場所に移動することを
したが、エレバンから西に20km
離れた場所に位置する宗教都市という
エチミアジンに移動した


亜鎮人口は6万人余りが
住んでいたのに、次第に人口が
減少傾向だという


コーカサス旅行をしながら
うんざりするほど、聖堂とそれに関する
遺跡地を回ったんですが
最終日も最後の旅行ツアー日程が
エチミア鎮にある大聖堂が
最後の日程だ。


でも一番最後に行く…
エチミアジンというところの大聖堂は、
外から見えるのもなんだかすごい
ところらしく尋常ではなかった


エチミア大聖堂は
アルメニア使徒教会大聖堂だって。
アルメニア王国で作った最初の作品
大聖堂であり、世界で最も古い
301年から303年の間に建てられた
大聖堂としての伝統に従いアルメニア
守護聖人の啓蒙者グレゴリオによって
建てられ、1441年に復元された。


エチミアジン大聖堂の凱旋門と呼ばれる
この凱旋門は、アルメニア建国700周年を
밤투어 대체사이트 記念して2001年に建てられた
この凱旋門の上に刻まれた絵が
左がアルメニア国王で右は
エチミアジン大聖堂を建立した
エチミア聖堂の大司教聖グレゴリーという


このエチミアの大聖堂も
1604年には遺物と石材が
略奪されたというエチミア大聖堂は、
アルメニアの最高宗教団体
中心地としてのアルメニア·ディアスポラ
移民者の間で巡礼の場所として考えられると
2000年にはユネスコが指定した
世界遺産に登載されたそうだ

アルメニア正教会の総本山という
エチミアの大聖堂の中に入ってきた
大聖堂の中に入ると、大規模な団地が
手入れが行き届いているがきちんと整頓されている


聖堂の中にはすごく大きいんだけど 博物館もあって
聖堂の中には、司教たちが生活している
スペースもあるし、勉強するところもあるそうだ。
見える建物が大聖堂なのに工事中なので
多くの人がいっぺんに入ったら
いけないとして待っているうちにえちみあじん
大聖堂の外で待っているところだ

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다